恒例クリスマスコンサート

     
  久しぶりのコラム更新です。

それも久々の活動報告。

先日私達のバンドの年末恒例となりつつある依頼演奏に出演してきました。
私達がこのバンドを結成して以来、毎年クリスマスパーティーの出演依頼をしてくださっています。
毎回最後には異常な盛り上がりを見せるこの依頼演奏。
果たして今年はどうなったのでしょうか・・・。

まずはパーティーのオープニングを飾る(?)演奏を一曲。
そのあとは様々なグループがコーラスやダンスなどのステージを繰り広げます。
パーティーに参加している人たちは屋台から食べ物や飲み物(含アルコールです)を取りながら、ワイワイガヤガヤと徐々に盛り上がっていきます。
私達の前は沖縄の三線のグループ。エイサーで盛り上がる盛り上がる・・・。
ウーン、これは今年も危険な香りが・・・。

さていよいよ本番です。

演奏のオープニングはアニメヒロインメドレー。ひみつのアッコちゃんからプリキュアまで幅広い年代の人たちに受け入れてもらえる曲を持ってきました。
1曲目がヒロインなら2曲目はヒーローで。ということで2曲目はウルトラマンメドレーを演奏。
その後は軽いPOPSを演奏して本編終了。
アンコールには依頼演奏時のアンコールの定番にしているピンクレディーメドレーをダンサー付きで演奏しステージ終了となりました。

しかし私達の出番はこれで終わりではないのです。
こちらのクリスマスパーティーは私達の演奏が最後であとはお開きになるのですが、お開きの時の決まりごとがあって、西城秀樹さんが歌って大ヒットしたヤングマン(Y・M・C・A)を参加者全員で歌って踊ってお開きになるんです。で、私達はその演奏をすることになるのです。

参加者全員(およそ100名以上)が踊るもんですからフロアが揺れるんですよ。
フロアが揺れればその上に簡易で作ってあるステージは余計に揺れる。

あんなに揺れる環境で演奏したのは初めてでした。
ビルの8階フロアでのパーティーでしたから、下のフロアの方は大丈夫だったのかなぁと後になって心配してしまいました。

というわけで「また来年もお願いしますね」と声をかけていただいて、全ての演奏を終えたのでした。

こうして毎年お声がけいただけることは大変うれしいことです。しかし喜んでいただける演奏ができなくなった時、翌年からの依頼は無くなってしまいます。
驕ることなく、聴いていただく方に喜んでいただけるような演奏を常に心がけていきたいと思います。
 
     
このページのトップへ