第7回定期演奏会を終えて

     
  2月15日 無事第7回定期演奏会を開催することができました。
ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。
少しでも何か伝えることができていたでしょうか?

さて今回の演奏会で私たちの演奏会は7回目を迎えることができました。

私たちのような一般バンド、それも高校OB・OGだけという制約を持っているOBバンドで7回目の定期演奏会を迎えることができたのは、私たちの周囲で応援、協力してくださっている多くの方々のおかげだと感じます。

練習場所一つをとっても、通常の一般バンドであれば練習場所確保が大きな問題の一つとなりますが、私たちの場合は同窓会の施設を利用させていただけており、練習場所確保に苦労する必要がほとんどありません。
このことは非常に恵まれている環境だと思います。
またご厚意で一部の備品、たとえば譜面台などを施設に置かせてもらえていることもありがたいことです。
譜面台って結構重たいものなのです。これを練習のたびに持ってこなくてもいいというのは、気分的にすごく楽になります。

施設のことは一つの例ですが、こういう応援や協力をしていただけていることをきちんと理解したうえで、これからも活動を続けていきたいと思います。

応援・協力と言えば、毎回ジプシーのように会場を変えながらも多くの方々にご来場いただける聴衆の皆さんも私たちの活動を支えていただいている大きな力だと感じています。

今回の演奏会中のMCで私たちの7回の演奏会すべてにご来場いただけている方いらっしゃいますかとお尋ねしましたら、おひとりいらっしゃいました。
本当に毎回のように会場が変わる中、また一時期開催時期も変わった中、続けてきていただいているというのは本当にありがたいことだと感謝しております。

またたくさんのアンケートへの回答、本当にありがとうございます。
よかったよという感想から、厳しいご意見まで、すべてが私たちのこれからの活動への参考となります。

演奏会終了後の打ち上げの席で、さっそく「今後やりたいこと」という次に向けての準備が始まっています。

私たちを応援し、協力してくださっている皆さんへの感謝の気持ちを忘れず次に向けて進んでいきたいと思います。


 
     
このページのトップへ