震災復興支援プロジェクト

     
 

3月11日発生した東日本大震災により多くの方が被災され、いまだに消息のわからない方々がおられます。
先のコラムでも少し触れさせていただきましたが、阪神大震災を経験した私達にとってはとても他人ごととは思えず、被災された方々のお気持ちはいかばかりかと思い、少しでも早い復興を願わずにはいられません。

このような中プロ、アマを問わず音楽に少なからず関わりを持つ私達が何かできることはないだろうか?
先日の現役生の定期演奏会の会場においても、被災地の復興に役立てていただこうと義援金を募らせていただきました。
(集まりました義援金につきましては後日現役HPにてご報告させていただきます。)
  http://www.geocities.jp/ichiokawindorchestra/

同じようにコンサート会場での募金活動やチャリティコンサートを開く活動は盛んに行われ始めました。

ツイッターを見ていますと、現地で活動する陸上自衛隊の音楽隊が被災地各所で青空演奏会を行っている様子がUPされていました。
さすがに被災地現場での活動についてはこういうところのプロである自衛隊にお任せするとしても、何かしら音楽で力づけられたらなぁと考える方もおられるのではないでしょうか。

そこで合唱界ではありますが、カワイ出版が “日本中に歌声を「歌おうNIPPON」プロジェクト” を5月11日からスタートさせるとのこと。

カワイ出版のオンラインページにアクセスし、このプロジェクトの為に無償で書き下ろされた新曲をダウンロード。
その新曲を演奏した映像(音源)をカワイ出版に送って、その映像を特設ページで配信するというもの。

現在わかっているものはもちろん合唱オリジナル曲もあるようですが、「上を向いて歩こう」、「見上げてごらん夜の星を」、「あの鐘を鳴らすのはあなた」、「負けないで」、「アンパンマンのマーチ」、「夜空ノムコウ」、「YELL」
などなど老若男女どの世代でも受け入れられる曲が準備されるようです。

もしご興味がおありの方がいらっしゃいましたら、、カワイ出版ホームページにアクセスされてみてはいかがでしょうか。
 カワイ出版ONLINE http://editionkawai.jp/utaou/
 「歌おうNIPPON」プロジェクトお知らせページ
              http://editionkawai.jp/campaign/?topic=030588

合唱界以外でもさまざまな活動がこれからも増えていくことだろうと思います。
吹奏楽の世界でも何かしらの動きが出てくるのではないかと思っています。
その時にはどんな形ででもいいかと思いますので携わっていきたいものです。

急ぐこともありません。
阪神大震災の例からも復興には時間がかかります。
復興に時間がかかるということは支援にも時間がかかるということです。

今だけでなく長い目で物心両面からの支援を考えていきたいものです。

 
     
このページのトップへ