第4回 定期演奏会 

     
  日時:2012年2月19日(日) 14時開演

会場:大阪市 住吉区民センター 大ホール

曲目:
第1部
 テームサイド序曲                    Philip Sparke
 セント・フローリアン・コラール             Thomas Doss
 シフォニア・ノビリッシマ                Robert Jager

第2部
 サックスアンサンブル クロノトリガーより「風の憧憬」  光田康典
            崖の上のポニョ          長島寛行編曲
 クラリネットアンサンブル リクディム          Jan Van der Roost
 リコーダーアンサンブル アイネ・クラウネ・ナハトムジーク  山中美代志編曲
             パッヘルベルのカノン      河西保郎編曲
 パーカッションアンサンブル 水の記憶          加藤大輝

第3部
 恋はあせらず                      金山 徹編曲
 会いたかった〜ヘビーローテーション             郷間幹男編曲
 ディスコパーティV                   高橋宏樹編曲

  恋のナイト・フィーバー〜ハロー・ミスター・モンキー
   〜愛がすべて〜セプテンバー
 サウンド・オブ・ミュージック・セレクション       Robert Russell Bennett編曲

アンコール
 スター・パズル・マーチ                 小長谷宗一
 J−BEST 〜日本を勇気づける名曲たち〜       宮川成春編曲
プログラム
表紙をクリックするとプログラムがご覧いただけます
 
さて、毎回のことながら第4回もホール探しに苦労しました。
私たちが活動している大阪市、またはその周辺で吹奏楽の演奏会が行えるホールというのはあるにはあるのですが、
ホールの大きさや利用料金、集客の事など様々な条件を考えると結構限られた施設しかありません。
アマチュア楽団ならどこも同じような条件ですし、演奏会時期もどの団も似通っていますから、施設確保の競争率は
かなりなものです。
この回も会場確保に苦労して、何とか開催にこぎつけた演奏会でした。

そういう時にはいろんなことが重なるもので、『楽器が壊れましたぁ事件』(詳しくはコラムNo.22を)が発生するなど、舞台裏ではスタッフ泣かせな演奏会だったと言えるでしょう。

プログラムは1部では『シンフォニア・ノビリッシマ』という1962年から63年にかけて作曲された作品を、3部では1959年初演のミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』という古い作品各部のメインに取り上げました。
もちろん新しい曲も忘れてはいません。AKB48メドレーの『会いたかった〜ヘビーローテーション』では、メンバーのパフォーマンスも取り入れて会場を盛り上げました。

     
このページのトップへ